Nara Visiting Nursing Conference

  • 〒634-0074

    奈良県橿原市四分町252−1

    0744-20-0070

事業報告・事業計画

事業内容(定款総則 第2条)

  • 1.調査、研究事業
  • 2.訪問看護ステーション間の連携等
  • 3.看護の質向上ための継続教育
  • 4.保健・医療・福祉行政との連携事業
  • 5.関係団体、関係機関との連携事業
  • 6.広報活動事業

「定款 抜粋」

第1章 総則
第2条(目的)当法人は、社員及び会員相互の有機的連携を図り、奈良県における在宅要介護者が生活者としての健康の増進よりよい生活の確保と生活の質の向上を図るために研修、研究、情報の交換を通じて連携を深め、訪問看護サービスの質の維持・向上を図り社会の信頼に応えることを目的とする。
第2章 社員及び会員の資格の得喪
第6条 社員は奈良県内における訪問看護ステーションの管理者及び管理総括者とし、会員は社員の管理する事業所の従事者する。

令和3年度 奈良県訪問看護ステーション協議会 理念

地域共生社会の実現に向け、訪問看護師の能力を発揮できるよう、訪問看護師の人材育成、看護の質の向上に努めます。

  • 1.住民や地域の関係機関と協働しながら、住み慣れた地域で誰もが安心した暮らしを実現できるよう支えます。
  • 2.感染症・災害が発生した場合であっても必要なケアが切れ目なく提供さできるよう組織基盤を強化します。
  • 3.質の高いケアが継続的に提供できるようリーダーシップを発揮し、人材育成・確保を図りながら経営の安定化が図れる管理者育成に努めます。

令和3年度事業方針

  • 1.地域包括ケアシステムの中で、医療・介護の連携を図ります。
    医療・介護の多職種の中で専門性を発揮し、地域での関係作りに貢献します。
  • 2.訪問看護の質の向上に努めます。
    生きる力を引き出し、医療依存度の高い利用者の支援及び24時間365日訪問看護が提供できる体制整備に努めます。
  • 3.県民及び多職種に向けて、訪問看護の普及に努めます。
    ホームページを充実させ、情報発信をします。
  • 4.地域の訪問看護ステーションの連携強化を支援し、感染症拡大時や災害時に事業支援ができる様、ネットワーク構築をすすめます。
  • 5.奈良県訪問看護ステーション協議会の入会率を高め、組織の強化につなげます。

heijitsu