Nara Visiting Nursing Conference

  • 〒634-0074

    奈良県橿原市四分町252−1

    0744-20-0070

ごあいさつ

 このたび奈良県訪問看護ステーション協議会代表理事の任をいただきました小林と申します。

 新型コロナウイルス感染症が世界中に広がってから、すでに1年以上が経過しました。各訪問看護ステーションにおかれましては、不安、戸惑いや疲労のなかサービスが途切れることのないよう取り組まれていることに、心から敬意を表し深く感謝申し上げます。
新型コロナウイルス感染症は、これまでに見られなかった災害であり、すさまじい脅威を感じています。しかし、その一方で訪問看護事業の在り方を見直すという機会も、もたらされました。
 最初に訪問看護ステーションの運営方法です。これまでにも、災害時の小規模ステーションの運営方法、災害対策は議論されながらも、具体策の完成には至りませんでした。新型コロナウイルス感染症をきっかけに、職員に感染者が発生した時、事業所が休止になった時にどうすればよいのでしょうか。すでに対策を講じ、取り組まれている地域もあるかも知れませんが、まだまだ対策ができていない地域も多くあります。奈良県訪問看護ステーション協議会としては、令和3年4月より始まりました「奈良県訪問看護総合支援センター」と共に、この火急の案件に取り組んでまいりたいと考えております。そのひとつの方策として、地域ごとの訪問看護ステーションのグループ化を提案したいと考えております。複数の訪問看護ステーションでグループを作り、その中で連携を図ります。従来通り訪問看護ステーションは個々で運営を継続し存在するため、今までと変わらない業務をすることができます。しかし、グループ内ではICTにより同一のコミュニケーションプラットフォームを持ち、ケア方法もその中に動画で保存します。毎朝オンラインミーティングも開催していくことで、利用者の状態を共有することができます。そうすることで、常に最新の利用者の状態をグループ内のステーションで共有することができ、災害時、人員不足時等にスムーズに助け合うことができます。ただし、この方策の導入には、組織文化の統合、訪問看護ステーションの管理者及び職員の理解と協力に多大な時間を要すると考えております。そのため、様々なご意見、ご提案をひとつでも多く頂きながら、みなさまと一緒に作り上げていきたいと思っております。
 次に、資格取得応援制度の制定です。資格取得における大きな障壁は、研修期間中の代替人員不足ですが、この点に関しましては、前述の方策で解決できるのではないかと考えています。また、より深い理解のために既取得者による資格取得サポートを行いたいと考えています。わが国では、医療需要の逼迫する2025年に向けて、急性期医療はもちろんのこと、在宅医療も含めて総合的に支えることのできる看護師を養成することを目的として特定行為研修制度を創設しました。この特定行為を実施できる看護師が増えることも災害時に非常に大きな役割を果たせると言えます。例えば主治医が新型コロナウイルスの感染者になるといった不測の事態に陥った場合でも、定期交換である気管カニューレの交換を看護師が実施することも可能になり、利用者の不安を大幅に軽減することができます。奈良県訪問看護ステーション協議会として、特定行為研修制度修了者を多く輩出し増加していくことは、国の政策実現に取り組むことへつながり、さらに今後の新しい医療モデルとして全国に発信することにもなります。  日本看護協会は、特定の看護分野における熟練した看護技術及び知識を用いて、あらゆる場で看護を必要とする対象に、水準の高い看護実践のできる認定看護師を社会に送り出すことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることを目的としています。認定看護師制度、特定行為研修制度での学びは、自身を成長させるだけではありません。知識の幅が広がることで、アセスメント力が向上し、正確な判断が可能になります。結果として自身の不安をなくし、ゆとりをももたらしてくれます。ゆとりのある訪問看護は、利用者にとっても看護師にとっても最高の時間でしかありません。

さあ、ピンチこそチャンスです。チャンスの神様は前髪しかありません。
令和に応じたIT化の導入により、ジェネレーションギャップも跳ね返すような、訪問看護ステーションの新スタイルを奈良県から全国へ発信しましょう。

私は、奈良県で働く訪問看護師が、奈良県で働いていることを誇れるようにしていきたいと思っております。そのためには皆様のご協力を頂くことが絶対に必要です。全員一丸となってポストコロナのニューワールドを笑顔であふれる世界にしていきましょう。


  • 2021年5月吉日
  • 一般社団法人 奈良県訪問看護ステーション協議会
  • 会長 小林千恵子

heijitsu